ホーム > .NET > App_Offline.htmを利用するときのちょっとしたトリック

App_Offline.htmを利用するときのちょっとしたトリック

App_Offline.htm and working around the "IE Friendly Errors" feature

ASP.NET 2.0ではApp_Offline.htmというファイルをルートノードに置くとWebアプリケーションの実行が停止され、すべてのリクエストに対してApp_Offline.htmの内容が表示されるようになります。
サイトの運用を一時停止してアプリケーションのアップデートを行いたい場合などに便利に使える機能ですが、App_Offline.htmの内容が512バイト以下のときはIEがうまく表示してくれない、ということで、そのときの対処方法としてのちょっとしたトリックが記述されています。

カテゴリー:.NET
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。