ホーム > .NET, ASP.NET 備忘録 > ブラウザにより表示を切り替える

ブラウザにより表示を切り替える

書籍「Programming Microsoft Asp.net 2.0: Core Reference」からのネタです。

まず、次のようなaspxファイルを作成します。

<%@ Page Language="C#" %>

<html>
<head runat="server">
    <title>ブラウザテスト</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
        <asp:Label ID="Label1"
                   runat="server"
                   Text="IEの場合はラベルが見えます"
                   ie:Visible="true"
                   mozilla:Visible="false" />
        <br />
        <asp:Button ID="Button1"
                    runat="server"
                    ie:Text="IEです"
                    mozilla:Text="FireFoxです" />
    </form>
</body>
</html>

このaspxファイルにInternet ExprolerとFirefoxからアクセスしてみましょう。

  • Internet Exprolerからのアクセス

01

 

  • Firefoxからのアクセス

02

このようにコントロールのプロパティの前にターゲットとなるブラウザを指定することで表示を切り替えることができます。
ターゲットブラウザの指定方法については
C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\CONFIG\Browsers
の中のファイルを参照とのことです。

カテゴリー:.NET, ASP.NET 備忘録
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。