ホーム > .NET, LINQを楽しむ > LINQ to SQL:データを削除する

LINQ to SQL:データを削除する

※この投稿はMicrosoft Visual Studio 2008 Beta2で動作を確認しています。

前の記事でまとめたデータを特定する方法をもとに、特定したデータをテーブルから削除してみます。
データの削除は、テーブル(dtc.People)から特定のデータのインスタンスを削除(Rremove)することによって行われます。

using System;
using System.Linq;

namespace LINQ6
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            LINQTESTDataContext dtc = new LINQTESTDataContext();
            dtc.Log = Console.Out;

            People deletePerson = dtc.People.First(p => p.Name == "オノ シュウジ");

            dtc.People.Remove(deletePerson);

            dtc.SubmitChanges();

            Console.Read();
        }
    }
}

この結果は次のようになります。

 image

実際にデータが削除されていることを確認してみましょう。

  image_3

削除時のSQL文ではデータのすべての値を確認して一致するデータを消すようになっています。
これは他のユーザによって該当するデータが修正されている場合にそのデータを削除してしまわないための、要するに同時実効制御を考えたSQL文が生成されているということです。
同時実行制御のためにすべてのデータの値を使うのはどうもスマートではない、と考える人のためにデータのタイムスタンプ等を利用する方法もあるのですが、その点についてはデータの更新のところで述べることにします。

ちなみに、プログラムを次のように記述してもまったく同じ動作をします。

using System;
using System.Linq;

namespace LINQ6
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            LINQTESTDataContext dtc = new LINQTESTDataContext();
            dtc.Log = Console.Out;

            dtc.People.Remove(dtc.People.First(p => p.Name == "オノ シュウジ"));

            dtc.SubmitChanges();

            Console.Read();
        }
    }
}

できるだけ短いプログラムを書きたい人がいれば、一応こういう書き方もできますよ、ということで。

カテゴリー:.NET, LINQを楽しむ
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。