ホーム > .NET, LINQを楽しむ > LINQ to SQL:データの一括削除

LINQ to SQL:データの一括削除

※この投稿はMicrosoft Visual Studio 2008 Beta2で動作を確認しています。

複数のデータを削除するには、対象となるデータを抽出し、その結果をRemoveAllメソッドに渡します。
たとえば以下のようなプログラムになります。

using System;
using System.Linq;

namespace LINQ7
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            LINQTESTDataContext dtc = new LINQTESTDataContext();
            dtc.Log = Console.Out;

            var query = from p in dtc.People
                        where p.Gender == 1
                        select p;

            dtc.People.RemoveAll(query);

            try
            {
                dtc.SubmitChanges();
            }
            catch (Exception e)
            {
                Console.WriteLine(e.Message);
            }

            Console.Read();
        }
    }
}

この結果の一部ですが、以下のようにデータの内容を確認しながら削除が一件ずつ行われていることが確認できます。

 image

ここで、対象のデータを抽出した後、削除すべきデータの内容が変更されていたらどうなるでしょうか。dtc.SubmitChanges(); の行にブレークポイントを設定し、データベースの内容を直接変更してみます。

ここでは、以下のようなエラーが表示されました。

 image_3

そして、データベースの内容はプログラムを実行する前と終了した時点でまったく変わっていません。
つまり、RemoveAllを利用して複数のデータを削除する場合、自動的にトランザクションが開始され、途中でエラーになるとロールバックが行われるのです。

きちんと考えられてますよねぇ。

カテゴリー:.NET, LINQを楽しむ
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。