ホーム > .NET > VS2008 複数フレームワーク対応の中身(Windowsアプリ、コンソールアプリ編)

VS2008 複数フレームワーク対応の中身(Windowsアプリ、コンソールアプリ編)

VS2008では.NET Framework 2.0/3.0/3.5 のフレームワークに対応したアプリケーションを構築することが可能になりました。
この対応の中身なんですが、VS2008が行っているのは各フレームワークにあわせて読み込むdllの設定を変更しているだけで、コンパイラはC#であればC# 3.0用のコンパイラを使ってすべて処理しているようだ、という話をVSUGのコラムに以前まとめました。

VS2008の複数フレームワーク対応の中身

このときはコンパイラのバージョンを確認しておらず、動作の具合から推測していただけだったんですが、今日その部分を確認する方法をのせている記事を見つけました。

ピンポイントで速習!Visual Studio 2008  Part2 Visual Studio 2008移行での注意点(2ページ)

プロジェクトのリビルドを実行すると、出力ウィンドウに利用しているコンパイラが表示されます。
ここでFrameworkのターゲットを2.0にしている場合でもC# 3.0のコンパイラが動作していることを確認しました。

推測の裏づけがとれて、気分すっきり(w

カテゴリー:.NET
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。