ホーム > .NET > データバインディングの記述位置について

データバインディングの記述位置について

ViewState: Handle with care

プログラムからデータのバインディングを行っている場合、Initイベントで実行すれば毎回バインディングを実行してもSelectedValue等のイベントをきちんと取り出せる、と言うことですね。
テクニックの一つとして覚えておきたいと思います。

カテゴリー:.NET
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。