ホーム > .NET > Silverlight 4 と WCF RIA Services がRCに

Silverlight 4 と WCF RIA Services がRCに

MIX 10 の情報はみなさん注目しているところだと思いますが、Silverlight 4がRCになるとともにWCF RIA ServicesもRC版の提供がはじまりました。

Silverlight 4の情報はこのあたりから。
ベータからRCになってどのあたりが変わったかという情報はこのあたりからたどるのがよいかと。

で、WCF RIA Servicesですが、RCになってだいぶ変わったところがあるようです。

追加となったのはOData対応ですね。
ODataについてはここを見ていきましょう。

あと今回WCF RIA Services Toolkitというものが提供されるようになり、

  • LINQ to SQL用のウィザード
  • SOAP対応のWCFエンドポイント
  • JSON対応のWCFエンドポイント
  • ASP.NET DomainDataSource

このあたりはまだ製品にならずにToolkitとしてコミュニティと育てていこう、という感じになっています。
そんな話はこちらから。

DomainDataSourceがToolkitに移動ちゃったのはちょっと痛いなぁ。
将来的には製品に含まれるんでしょうけど。。。

RCでだいぶ変わったせいか、Brad Abramsのサンプルもしきりなおして一からはじめる感じになっています。

Silverlight 4 + RIA Services – Ready for Business: Index

いきなり5本の記事があがってますね。
参考になるのでぜひ見ましょう。

それと、今回はサーバにWCF RIAサービスをインストールする方法や作ったアプリケーションをデプロイする方法がまとまってでてきてますね。

http://blogs.msdn.com/deepm/archive/2010/03/15/are-you-a-hoster-and-want-to-support-ria-services.aspx
http://blogs.msdn.com/saurabh/archive/2010/03/16/ria-services-application-deployment.aspx

製品として提供されるのも近いんだな、という実感がわいてきました。
さて、勉強々々、っと。

カテゴリー:.NET
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。