ホーム > .NET > Razor 構文と ASP.NET Web ページを学ぶ

Razor 構文と ASP.NET Web ページを学ぶ

Razor 構文と ASP.NET Web ページ

主にWebMatrixでRazorを使ってプログラムを作成するうえで参考になるドキュメントの日本語訳が公開されました。
このドキュメントで紹介されている「ASP.NET Web ページ」はVisual StudioやVisual Web Developerでも開発可能です。

ということでASP.NETでの開発に

  • Webフォーム
  • ASP.NET MVC
  • ASP.NET Web ページ

と、3種類の開発手段が提供されるようになりました。

このドキュメントを見ていくとわかりますがASP.NET Web ページはASP.NET MVCはもちろん、Webフォームともかなり違うものになりますね。
特にアプリケーションスタート時の処理とか、個々のページの処理の前後で共通的な処理を入れたいといった部分、ユーザー認証/ロールの設定等、アプリケーション全体の構成というか考え方というかが独自のものになっています。
ルーティングも独自の処理が入ってるみたいですね。

#試してないですが、ASP.NETの基本機能は使えるはず。
ただ、普通はASP.NET Web ページで提供されている専用のものを使うでしょう、というスタンスかな。

まぁASP.NET Web ページはWebMatrixでの利用がメインといった感じですから、どちらかと言えばWebアプリケーションの初心者にやさしいことを目指しているのだろう、という感じではあります。
これでガンガン開発していくか、といわれると、、、できなくはないですが、自分はやらないかなぁ。
それでなくてもWebフォームのアプリケーションとMVCのアプリケーションと面倒みてるのに、また別の種類のアプリケーション増やしてサポートの手間増やすことないですしね。
といいながら、何かこれ適用するのにうまい案件あったら使っちゃいそうだなぁ。

あと、各種ヘルパーの使い方などはRazorを利用するASP.NET MVCでの参考になると思いますからMVC利用する人は見ておいたほうがいいでしょう。

カテゴリー:.NET
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。