ホーム > 雑記 > 【書評】Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング

【書評】Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング

今のところ仕事でも趣味でも Ruby on Rails を使う予定はないのですが。。。
そんな私がこの本を読みたかったのは、ひとえに ASP.NET MVC との比較のため。
で、読んでみてどうだったか、というと。。。

いや、ASP.NET MVC って Ruby on Rails の思想というか考え方というか、素直に追いかけてるように私には思えました。
最新の ASP.NET MVC の開発環境(MVC 3 Tools Update)だとEF4.1のコードファースト使ってスキャッフォールド使って、というあたりが以前からかなり進化して面白くなってるんですが、これも Ruby on Rails 意識してて、それこそEF4.1とかそのために開発すすめたんじゃないか、と思えるぐらい。
まぁ、いまかなり追いついた感があるので、ここからそれぞれどう発展していくのかが興味深いところですかね。

で、書籍の内容そのものに話を戻すと、この本でRuby on Railsの環境構築から用意されているツールの利用方法、各メソッドの使い方までひととおり学べます。
それもすべて例をあげて説明してくれているので本当にわかりやすいです。
Ruby on Rails ははじめて、でも他の環境でWebアプリを組んだことがある、という人(例えば私)だったら、この本さえあればすぐに構築をはじめることができますね。

ほんと、良い本だと思います。

カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。