ホーム > .NET > Visual Studio Express 2012 for Web を紹介してみる

Visual Studio Express 2012 for Web を紹介してみる

本日は Visual Studio Advent Calender 13日めのエントリーということで、表題のような記事を書いてみようと思います。

Visual Studio は 2005 のころから(だったはず) Express エディションという形で無償版が提供されています。
ですがネットを見ていると意外に Express エディションのことが知られていないように思うこともあります。
無償で使えて商用利用も可、機能的にもふつうにプログラムを組むうえでの機能は有償のほかのエディションとほぼ一緒。
たとえば昨日の VS Advent Calender のエントリで紹介されたページインスペクターの機能などもふつうに使える、JavaScript のインテリセンスなどもばんばん使える、こんな高機能の IDE が無償で使えるのが知られてないってなんかもったいないじゃないですか。

ちなみに、この Blog の記事とかどこかの勉強会とかでお話させてもらうときとか、私は基本的に Express エディションを利用するようにしています。
それなら Visual Studio をインストールできる環境さえあれば、誰でも手軽に確認できますからね。

ということで、前置きはこのあたりで終えて本題にはいっていきましょう。 <= ながいよ。。。

まずは作成できるプロジェクトの紹介から。

VS Express 2012 for Web では、Web アプリケーション プロジェクトも Web サイト プロジェクトも当然のように構築することができます。

image

 

image

このキャプチャで注目してもらいたいところは、プロジェクトの選択の上部でターゲットのフレームワークのバージョン選択ができるようになっている点です。
2010 の Visual Web Developer ではバージョンの選択は一度プロジェクトを作成してからプロジェクトのプロパティで変更する必要がありました。
2012 ではここでバージョン 4 と 4.5 をあらかじめ選択することができます。

それ以下のバージョンはどうなるんだ、って?
まず、.NET Framework 3.5 (2.0 ~ 3.5 はランタイムが同じですからひとくくりで考えてください) は VS 2012 とは別にインストールする必要があります(Win8の場合、ですが)。
それらがインストールされていれば、2010のころと同じように一度プロジェクトを作成してから、プロパティでターゲットフレームワークを変更することは可能になっています。

#ちなみに、Ultimate ではプロジェクト作成時に 3.5 以下のフレームワークを選択することができるようになっています。

構築できるプロジェクトのテンプレートについては特に Express だからどう、という変化はありません。
4.5 の環境での ASP.NET のテンプレートの概要についてはこの Blog の以前の記事を参考にしてください。

で、ちょっとみておきたいのがデータベースの操作ツールです。

image

有償版のエディションと同様、新しいデータベース操作ツールが利用できるようになっています。
データベースへのアクセスがデータベースエクスプローラーから(有償版ではサーバー エクスプローラーから)という点は過去の Express と同様です。

NuGet (ライブラリ パッケージ マネージャー)も最初から組み込まれています。

image

このあたりは VWD でも使えていたものですから使えて当然ですね。

2012 になって追加された機能としては、テストプロジェクトが使えるようになったこと!

image

テストエクスプローラーで Red/Green とか確認できるですよ!
これでテスト駆動開発もばっちりです。

それと、もひとつ。

image

TFS につながるようになったですよ!
これでソース管理もバッチリです!

2010 までの VWD で、「Express はこういった機能がないだけで、あとはふつうに開発に使えます」と紹介していた「なかった機能」がすっかり追加されてしまいました。
いいんでしょうか、これが無償で。

アドインの追加はできないので便利な拡張機能をいれたり、痛IDEにしたりすることはできませんが。。。
それさえ我慢できれば、快適な開発環境が無償で手に入ります。

ほかにデスクトップアプリ、Win8 ストアアプリ、 WPアプリの開発も Express エディションが用意されています。
まずは触ってみる、それができるのが Express エディションの良いところですね。

カテゴリー:.NET
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。