アーカイブ

Archive for 2011年4月

Razor 構文と ASP.NET Web ページを学ぶ

Razor 構文と ASP.NET Web ページ

主にWebMatrixでRazorを使ってプログラムを作成するうえで参考になるドキュメントの日本語訳が公開されました。
このドキュメントで紹介されている「ASP.NET Web ページ」はVisual StudioやVisual Web Developerでも開発可能です。

ということでASP.NETでの開発に

  • Webフォーム
  • ASP.NET MVC
  • ASP.NET Web ページ

と、3種類の開発手段が提供されるようになりました。

このドキュメントを見ていくとわかりますがASP.NET Web ページはASP.NET MVCはもちろん、Webフォームともかなり違うものになりますね。
特にアプリケーションスタート時の処理とか、個々のページの処理の前後で共通的な処理を入れたいといった部分、ユーザー認証/ロールの設定等、アプリケーション全体の構成というか考え方というかが独自のものになっています。
ルーティングも独自の処理が入ってるみたいですね。

#試してないですが、ASP.NETの基本機能は使えるはず。
ただ、普通はASP.NET Web ページで提供されている専用のものを使うでしょう、というスタンスかな。

まぁASP.NET Web ページはWebMatrixでの利用がメインといった感じですから、どちらかと言えばWebアプリケーションの初心者にやさしいことを目指しているのだろう、という感じではあります。
これでガンガン開発していくか、といわれると、、、できなくはないですが、自分はやらないかなぁ。
それでなくてもWebフォームのアプリケーションとMVCのアプリケーションと面倒みてるのに、また別の種類のアプリケーション増やしてサポートの手間増やすことないですしね。
といいながら、何かこれ適用するのにうまい案件あったら使っちゃいそうだなぁ。

あと、各種ヘルパーの使い方などはRazorを利用するASP.NET MVCでの参考になると思いますからMVC利用する人は見ておいたほうがいいでしょう。

カテゴリー:.NET

ASP.NET で Entity Framework を利用するためのチュートリアル

2011年4月16日 1件のコメント

Entity Framework Tutorials

 

Web フォーム、そしてASP.NET MVC で Entity Frameworkをどう使うか、というチュートリアルがまとめられています。
Webフォームで各種WebコントロールとEntity Frameworkとの組み合わせ方はいろいろ悩むところだったので、このような資料の提供は本当にありがたいですね。

#どこかできちんと調べなくては、と思いつつそのままになってた。。。

Getting Started with the Entity Framework は 107ページ、Continuing with the Entity Frameworkは111ページのPDFとしてダウンロードすることもできるようになっています。
今回あらたに加わった Getting Started with the Entity Framework Using ASP.NET MVC はまだPDF化はされていませんが、発表されたばかりにASP.NET MVC 3 Tools Update を利用してのチュートリアルということでほんとに最新の情報です。

しかし、読み終わるのにどれだけ時間かかるかなぁ。。。

#日本語化してくれないかなぁ。。。

カテゴリー:.NET