Archive

Archive for 2007年10月

LINQ to SQL:値を複数特定してデータを抽出する

※この投稿はMicrosoft Visual Studio 2008 Beta2で動作を確認しています。

データの更新の話をする前にちょっと寄り道です。
データを抽出する場合に、たとえばIDが1、3、4、8の人だけを抽出する、といった感じで値を複数特定し、そのデータだけを抽出したいという場合があります。SQL文でいうとINを利用したい場合、といったほうがわかりやすいかもしれません。
こういった場合に配列やListのContainsメソッドをwhereの条件として記述することができます。

using System;
using System.Linq;
using System.Data.Linq.SqlClient;
using System.Collections.Generic;

namespace LINQ4
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            LINQTESTDataContext dtc = new LINQTESTDataContext();
            dtc.Log = Console.Out;

            int[] NoList = new [] { 1,  3, 4, 8};
            var query = from p in dtc.People
                        where NoList.Contains(p.id)
                        select p;

            foreach (var item in query)
            {
                Console.WriteLine("名前={0}, 年齢={1}", item.Name, item.Age);
            }

            Console.Read();
        }
    }
}

このプログラムの実行結果は次のようになります。

image

ここで生成されるSQL文のINに渡されるパラメータの数はContainsに渡した配列の数によって自動的に変更されます。

あるデータの抽出結果に基づいて他のデータを取り出す場合等に使えそうですね。

カテゴリー:.NET, LINQを楽しむ

LINQ to XML:データ型を簡単に指定する

※この投稿はMicrosoft Visual Studio 2008 Beta2で動作を確認しています。

以前の記事でLINQ to XMLではデータを適切な型にキャストする必要がある、と書いたのですが、そのデータ型の変換がずっと簡単にできることが「XML データ用の .NET 統合言語クエリ」の記事を読んでわかりました。

●以前のプログラム

var query = from p in People.Descendants("Person")
            where int.Parse(p.Element("Gender").Value) == 1 && int.Parse(p.Element("Age").Value) >= 20
            orderby int.Parse(p.Element("Age").Value)
            select p;

○修正したプログラム

var query = from p in People.Descendants("Person")
            where (int)p.Element("Gender") == 1 && (int)p.Element("Age") >= 20
            orderby (int)p.Element("Age")
            select p;

XMLのエレメントを特定したらそこに直接(int)と書くことでキャストが行われます。
適切な型が何かを知っておく必要はありますが、これなら記述も簡単ですよね。

※修正後の全プログラム

using System;
using System.Linq;
using System.Xml.Linq;

namespace LINQ3
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            XElement People = XElement.Parse(
                @"<People>
                <Person>
                    <Name>オサダ トシヒロ</Name>
                    <Gender>1</Gender>
                    <Age>32</Age>
                </Person>
                <Person>
                    <Name>カネフジ タカエ</Name>
                    <Gender>2</Gender>
                    <Age>46</Age>
                </Person>
                <Person>
                    <Name>キョウゴク トシツグ</Name>
                    <Gender>1</Gender>
                    <Age>11</Age>
                </Person>
                <Person>
                    <Name>コウダ キミタカ</Name>
                    <Gender>1</Gender>
                    <Age>17</Age>
                </Person>
                <Person>
                    <Name>シモイズミ エイコ</Name>
                    <Gender>2</Gender>
                    <Age>13</Age>
                </Person>
                <Person>
                    <Name>センザイ シュウイチロウ</Name>
                    <Gender>1</Gender>
                    <Age>43</Age>
                </Person>
                <Person>
                    <Name>ソウリョウ ノリカズ</Name>
                    <Gender>1</Gender>
                    <Age>21</Age>
                </Person>
                <Person>
                    <Name>マツバネ タツコ</Name>
                    <Gender>2</Gender>
                    <Age>24</Age>
                </Person>
                <Person>
                    <Name>ミツジマ タカコ</Name>
                    <Gender>2</Gender>
                    <Age>32</Age>
                </Person>
                <Person>
                    <Name>ヤハタ トシチカ</Name>
                    <Gender>1</Gender>
                    <Age>28</Age>
                </Person>
             </People>");

            var query = from p in People.Descendants("Person")
                        where (int)p.Element("Gender") == 1 && (int)p.Element("Age") >= 20
                        orderby (int)p.Element("Age")
                        select p;

            foreach (var item in query)
            {
                Console.WriteLine("名前={0}, 年齢={1}", (string)item.Element("Name"), (int)item.Element("Age"));
            }

            Console.Read();
        }
    }
}

カテゴリー:.NET, LINQを楽しむ

LINQ to SQL:データの一括削除

※この投稿はMicrosoft Visual Studio 2008 Beta2で動作を確認しています。

複数のデータを削除するには、対象となるデータを抽出し、その結果をRemoveAllメソッドに渡します。
たとえば以下のようなプログラムになります。

using System;
using System.Linq;

namespace LINQ7
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            LINQTESTDataContext dtc = new LINQTESTDataContext();
            dtc.Log = Console.Out;

            var query = from p in dtc.People
                        where p.Gender == 1
                        select p;

            dtc.People.RemoveAll(query);

            try
            {
                dtc.SubmitChanges();
            }
            catch (Exception e)
            {
                Console.WriteLine(e.Message);
            }

            Console.Read();
        }
    }
}

この結果の一部ですが、以下のようにデータの内容を確認しながら削除が一件ずつ行われていることが確認できます。

 image

ここで、対象のデータを抽出した後、削除すべきデータの内容が変更されていたらどうなるでしょうか。dtc.SubmitChanges(); の行にブレークポイントを設定し、データベースの内容を直接変更してみます。

ここでは、以下のようなエラーが表示されました。

 image_3

そして、データベースの内容はプログラムを実行する前と終了した時点でまったく変わっていません。
つまり、RemoveAllを利用して複数のデータを削除する場合、自動的にトランザクションが開始され、途中でエラーになるとロールバックが行われるのです。

きちんと考えられてますよねぇ。

カテゴリー:.NET, LINQを楽しむ

LINQの動作を確認する

Mike Taulty’s Blog : LINQ? Single Step this code…

サンプルプログラムの動作結果はこうなります。

 image

IEnumerableとIQueryableの動作の違いが見てわかりますね。

カテゴリー:.NET, LINQを楽しむ

LINQ to SQL:データを削除する

※この投稿はMicrosoft Visual Studio 2008 Beta2で動作を確認しています。

前の記事でまとめたデータを特定する方法をもとに、特定したデータをテーブルから削除してみます。
データの削除は、テーブル(dtc.People)から特定のデータのインスタンスを削除(Rremove)することによって行われます。

using System;
using System.Linq;

namespace LINQ6
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            LINQTESTDataContext dtc = new LINQTESTDataContext();
            dtc.Log = Console.Out;

            People deletePerson = dtc.People.First(p => p.Name == "オノ シュウジ");

            dtc.People.Remove(deletePerson);

            dtc.SubmitChanges();

            Console.Read();
        }
    }
}

この結果は次のようになります。

 image

実際にデータが削除されていることを確認してみましょう。

  image_3

削除時のSQL文ではデータのすべての値を確認して一致するデータを消すようになっています。
これは他のユーザによって該当するデータが修正されている場合にそのデータを削除してしまわないための、要するに同時実効制御を考えたSQL文が生成されているということです。
同時実行制御のためにすべてのデータの値を使うのはどうもスマートではない、と考える人のためにデータのタイムスタンプ等を利用する方法もあるのですが、その点についてはデータの更新のところで述べることにします。

ちなみに、プログラムを次のように記述してもまったく同じ動作をします。

using System;
using System.Linq;

namespace LINQ6
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            LINQTESTDataContext dtc = new LINQTESTDataContext();
            dtc.Log = Console.Out;

            dtc.People.Remove(dtc.People.First(p => p.Name == "オノ シュウジ"));

            dtc.SubmitChanges();

            Console.Read();
        }
    }
}

できるだけ短いプログラムを書きたい人がいれば、一応こういう書き方もできますよ、ということで。

カテゴリー:.NET, LINQを楽しむ

LINQ to SQL:1件のデータを特定する

※この投稿はMicrosoft Visual Studio 2008 Beta2で動作を確認しています。

前回データを追加する方法について記述したあとで、追加したデータを削除する方法について述べてみようと考えていました。
データを削除するには、該当するデータのインスタンスを特定する必要があります。そこで追加した1件のデータを特定するための方法を考えていたところ、プログラムの記述方法がいくつかあることに気づきました。
その試行錯誤の経過をまとめておこうと思います。

最初は、一番最後にあるデータを特定するため、Lastメソッドが利用できないか、と考えて次のように記述してみました。

People deletePerson = dtc.People.Last();

しかしこの場合、実行時に"クエリ演算子 ‘Last’ はサポートされていません。"というエラーになります。
記述方法をいくつか変えて試してみましたが、どの場合も同じ結果になったので、Lastメソッドは実際使えないのだと思われます。

次に、検索条件を指定してその中の一番最初のデータを取り出す、という方法を考えてみました。

using System;
using System.Linq;

namespace LINQ6
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            LINQTESTDataContext dtc = new LINQTESTDataContext();
            dtc.Log = Console.Out;

            var query = from p in dtc.People
                        where p.Name == "オノ シュウジ"
                        select p;

            People deletePerson = query.First();

            Console.WriteLine("id={0}, 名前={1}, 性別={2}, 年齢={3}",
                deletePerson.id, deletePerson.Name, deletePerson.Gender, deletePerson.Age);

            Console.Read();
        }
    }
}

これで求めるデータを取り出すことができます。
結果は次のようになりました。

 image

ここで生成されるSQL文を見ると、「SELECT TOP 1 …」となっています。プログラム中では2つのセンテンスに分けて書いているデータの取得とその中のデータの特定が、実際には1つのSQL文に置き換えられていることがわかります。
このような動作となるのは、LINQ to SQLでは実際にデータを取り出す動作をするときに、最適なSQL文を生成するという仕組みになっているためです。

さてここで、実際に発行されるSQL文が1つならプログラムも1行にまとめてしまいたい、という欲求から次のようにプログラムを修正してみました。

People deletePerson = (from p in dtc.People
                       where p.Name == "オノ シュウジ"
                       select p).First();

確かに2つのプログラムは1つにできていますが、その意図が伝わりにくいように思います。それで拡張メソッドをそのまま使う方法で記述しなおしてみました。

People deletePerson =
    dtc.People.Where(p => p.Name == "オノ シュウジ").First();

だいぶ短くはなりましたが、それでもちょっともたついてる気がします。
実は次のような書き方ができました。

People deletePerson = dtc.People.First(p => p.Name == "オノ シュウジ");

これでも実行結果は同じになります。

 image_3

この記述が一番すっきりしてますね。
プログラムが意図している内容もはっきり伝わるんじゃないでしょうか。

実はデータを1件取得するためにはFirstメソッドのほかにSingleというメソッドも使えます。

using System;
using System.Linq;

namespace LINQ6
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            LINQTESTDataContext dtc = new LINQTESTDataContext();
            dtc.Log = Console.Out;

            People deletePerson = dtc.People.Single(p => p.Name == "オノ シュウジ");

            Console.WriteLine("id={0}, 名前={1}, 性別={2}, 年齢={3}",
                deletePerson.id, deletePerson.Name, deletePerson.Gender, deletePerson.Age);

            Console.Read();
        }
    }
}

この場合結果は次のようになり、生成されるSQL文が異なってきます。

 image_4

上記の結果だけを見るとFirstとSingleで同じように使えるように見えますが、Singleの場合、検索結果に複数のデータが含まれると実行時に"シーケンスに複数の要素が含まれています"というエラーが発生します。
主キーを指定して検索する、といったようにデータが確実に1件だけ取り出せるという場合にSingleを利用し、その他の場合はFirstを利用するべきかな、と今のところ考えています。

カテゴリー:.NET, LINQを楽しむ